さぁ、インドへ行こう!~(25)

マイソール Mysore 行きの交通を確保した俺は、ホテルの前で客待ちをしていたオート・リキシャーに飛び乗った。“Would you please bring to the Spencer Plaza?”

スペンサー・プラザSpencer Plaza とは、チェンナイ Chennai の街の中心にある大型ショッピングセンターだ。前回のチェンナイ Chennai 訪問でも訪れたところだ。

買い出しと言っても、別に食料を買い込むわけではない。今回の旅で、日本から持ってきた衣類は、3日分だけだ。そう、明日から着るものがない。その衣類を買い足すため、スペンサー・プラザ Spencer Plaza へ向かった。

エグモア駅 Egmore R.S. 近くのホテルからオートリキシャーに乗り、街を南下する。チェンナイ Chennai 市街のメイン道路のアンナー・サラーイ Anna Salai を南下し、15分ほどでスペンサー・プラザ Spencer Plaza に到着した。

PC310002-2
スペンサー・プラザ Spencer Plaza の正面入り口

オートリキシャーを降り、タバコを1本吸った。タバコを1本吸う間にも、客待ちのオートリキシャーのドライバーは、俺に手招きをしたり声をかけてきたりする。本当に商売熱心だ。

スペンサー・プラザ Spencer Plaza は、ここがチェンナイ Chennai とは思えないぐらい綺麗なショッピングセンターである。男性用、女性用の衣類を専門に扱うショップを始め、ブックショップやCD/DVDショップまである。その数は、大小含めて相当な数だ。そういえば、前回はここスペンサープラザ Spencer Plaza のショップで、ジーンズ1本と、本をCDを大量に買い込んだことを思い出した。

PC310004-2
スペンサー・プラザ Spencer Plaza 内の吹き抜け

PC310008-2
スペンサー・プラザ Spencer Plaza の外観や、周辺の街並みとは似つかわしくない店内の造り

PC310005-2
前回のチェンナイ Chennai 滞在で、大量の本とCDを買い込んだショップ

スペンサー・プラザ Spencer Plaza 内を少しぶらついた。俺は、気に入るシャツを売っているショップがなかなか見つからない。やはり、日本で暮らす俺のセンスと、南インドの人々が欲しいと思うものは異なるのか。

いや、異なって当たり前だ。そう思えば、インドでの買い物なんて楽なものだ。周りの人達を見て、それと同じようなものを買えばいい。

間違っても、それを来て日本の渋谷や新宿を歩こうなんて思わないことだ。せいぜい、近所に買い物に出かけるときに着られればいい。

そう悟った俺には、既に迷うことはない。すぐ近くのショップで、安くて俺に似合うリーズナブルなシャツを調達することができた。これで明日一日は、南インド最大の都市、チェンナイ Chennai を裸体で歩かなくて済みそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です